アメリカン・エキスプレス(アメックス)の提携クレジットカード一覧
ゴールドカード比較!年会費無料でお得に選ぶ TOP > 発行会社別カード > アメリカン・エキスプレス(アメックス)の提携クレジットカード一覧

トラベル&エンターテイメントに強いアメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード (年会費 12,600円)

旅先でのストレスやショッピングでの不安をできる限り取り除いてくれるユニークで心強いサービス。この上ない心地よさが約束されているカード。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (年会費 27,300円)

一枚のカードがもたらす至高のゆとり。旅行で、ショッピング、エンターテイメントで、ひとつ上のサービスが待っている。年収1,500万円程度以上の方のみ入会できるという噂あり。

プラチナ・カード

※ 申込不可能

プラチナ・カード (年会費 12,600円)

プラチナ会員向けの専用窓口「プラチナ・コンシェルジェ・デススク」では、24時間365日、会員の要望をお電話一本で受けるなど非公開サービスがある。

アメックス・BIZ(法人・個人事業主専用カード) (年会費 27,300円)

法人・個人事業主の経費支払い専用カードとして利用価値あり。レストランでの食事、バイク便、レンタカーなど最大40%オフ。貯まったポイントはマイルに移行が可能。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
(年会費 12,600円)

デルタ航空を頻繁に利用するスカイマイル会員のみが取得できる「シルバーメダリオン」の資格を取得できる。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
(年会費 27,300円)

デルタ航空を頻繁に利用する上級会員顧客のみ取得できる「メダリオンプログラム」のうち、「ゴールドメダリオン」の資格を取得できる。

アメリカン・エキスプレスと提携しているクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・カード (年会費 12,600円)

旅先でのストレスやショッピングでの不安をできる限り取り除いてくれるユニークで心強いサービス。この上ない心地よさが約束されているカード。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (年会費 27,300円)

一枚のカードがもたらす至高のゆとり。旅行で、ショッピング、エンターテイメントで、ひとつ上のサービスが待っている。年収1,500万円程度以上の方のみ入会できるという噂あり。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (年会費 27,300円)

一枚のカードがもたらす至高のゆとり。旅行で、ショッピング、エンターテイメントで、ひとつ上のサービスが待っている。年収1,500万円程度以上の方のみ入会できるという噂あり。

ANA AMEX Classic (年会費 5,250円)

ANAマイルが貯まりやすい(100円=1ポイント=1マイル)。また空港のANAショップで利用するとポイントは1.5倍貯まる。カード利用しながらANAで旅行にいける。今ならポイント5倍!合計14,000マイル相当獲得可能。

ANA AMEX Gold (年会費 32,550円)

ANAマイルが貯まりやすい(100円=1ポイント=1マイル)。また空港のANAショップで利用するとポイントは2倍貯まる。カード利用しながらANAで旅行にいける。今ならポイント10倍!合計43,000マイル相当獲得可能。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・カード (年会費 2,000円)

年会費2,000円で持てるゴールドカード。三菱フィナンシャルグループとアメックスの最強コラボが自慢。同カードだけの特別ポイントプログラムで国内利用は1.5倍、海外利用で2倍とポイント高ポイント付与率を誇る。

アメリカン・エキスプレスとは?

プロフィール 「ブランド供与で裾野を広げる」

T&E(トラベル&エンターテインメント)系の代表的国際ブランドカード。徹底したサービスとステイタスの高さで会員のニーズに応えてきた。世界120力国1700ヵ所のトラペルーオフィスのきめ細かなサービスはその象徴といえるだろう。

これまでアメリカン・エキスプレスといえばプロパーカードのみを発行して、決してブランド供与や提携カードには手を染めなかった。高級イメージが損なわれるとの理由からだったが、今はクレディセゾンや三菱UFJニコスにブランド供与するなど戦略を変えてきている。

また、アメリカン・エキスプレスというと、海外では使えても国内では利用はいまひとつという声があったが、提携業務によって2000年からJCBの加盟店(一部除く)を利用できるようになり、ネットワークが大幅に拡大した。

その一方で、伝統的な高級イメージを補強する動きも活発だ。これまでは、ブルー、グリーン、ゴールド、それにVIP向けのプラチナというセグメントで顧客層を広くカバーしようとしてきたが、プラチナ(年会費8万円)を誇る超VIP専用の「センチュリオン」の発行も始めた。これはカードの色から「黒カード」とも呼ばれるが、世界でもまだ英米など5力国でしか発行されておらず、日本は6番目の発行国になる。

あゆみ 「トラベラーズチェックは駅馬車に起源がある」

アメリカンーエキスプレスの前身は、その名のとおり「運送会社」である。1850年の創業で、最初はニューヨーク州北部の地方運送業者の一つに過ぎなかった。それが西部へ急行便エキスプレス)を出すようになり、現金に代わって旅行者用小切手(トラペラーズチェックのはじまり)を開発してから大きく発展した。西部開拓の歴史とともに歩んだが、旅行者用小切手の資金で事業の基礎を固めるとともに、旅行やカード事業に進出していった。現在は世界120力国1700力所にトラペルーオフィスを持つという巨大なネットワークを築き、そのカードはT&Eカードとして旅行にビジネスに幅広く使われている。

戦略 「三つのプロテクションはクレジットカードの基本」

93年開始の、メンバーシップープラス(同社のポイントプログラム)は日本のカード会社のお手本となっているが、さらに、三つのプロテクションの展開も見逃せない。ネットショッピングでカード番号を不正使用された場合に補償してくれるオンラインプロテクション、買い物して壊れた場合に補償するショッピングプロテクション、店側か返品を受け付けてくれないときに代わって対応するリターンプロテクションがあり、カードホルダーの「安心」を守ってくれる。

初年度無料も見つけやすい!ゴールドカード一覧

スピーディーにステータス系カードをGETしたい!

セゾンカードとアメックスの最強コラボ

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード + プライオリティパス

年会費10,500円。空港ラウンジが無尽蔵に使える「プライオリティパス」に優遇年会費で登録可能。カード審査はセゾンなので初心者向け。
セゾンゴールド・アメックスの詳細・申込

シティの年会費格安ゴールドカード

シティ エリートカード

年会費3,150円の格安ゴールドカード。22歳以上が対象で入会条件が低さも自慢。海外使用を頻繁でなければもゴールドと大きな差はない
シティ・エリートの詳細・申込

三菱とアメックスのコラボが実現

MUFGカードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費2000円。主だった特色はないが、ステータス+年会費の安さを重視する方にはコストパフォーマンスはいい。
MUFGカード・アメックス・ゴールドの詳細・申込

ポイント、ステータス、格安年会費のバランス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,050円。セゾン、アメックスの提携カードのためステータス+ポイント還元を重視する方には非常におすすめ。
セゾンパール・アメックスの詳細・申込