ダイナースクラブの提携クレジットカード一覧
ゴールドカード比較!年会費無料でお得に選ぶ TOP > 発行会社別カード > ダイナースクラブの提携クレジットカード一覧

ステータス系カードで利便性は抜群

ダイナースクラブのクレジットカード

ダイナースクラブカード (年会費 15,750円)

ダイナースクラブのサービスを余すことなくご利用いただける、こだわりを求める方の一枚。その名のとおりレストランで強みを発揮し、会員向けの特別割引メニューの提供も。ステータス系カードの最高峰。

ダイナースクラブとは?

プロフィール 「日本最初のクレジットカード会社」

アメリカン・エキスプレス・カードの対抗馬として高級ブランドをひた走る。ダイナースクラブカードは、これぞというシーンで使える力を発揮するだけでなく、スーパーや大学病院など加盟店がますます拡大、公共料金でもカードポイントが貯まるなど身近なシーンでの利用機会が増えで、日系カードとと同等のレベルに達しており、もはや死角がない。

前身は前身は1960年に設立された日本最初のクレジットカード会社日本ダイナースクラブ。「ダイナースカード」は旅行、ホテル、レストラン、ゴルフなど高級志向のサービスを揃えている。2000年9月にシティグループが、日本ダイナースクラブの株主である旧富士銀行とJTBから全株式を買い上げ、日本ダイナースクラブを正式に子会社とし、現在はシティグループの中核を担う高級ステータスカードとなっている。シティグループの紹介へ

初年度無料も見つけやすい!ゴールドカード一覧

スピーディーにステータス系カードをGETしたい!

セゾンカードとアメックスの最強コラボ

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード + プライオリティパス

年会費10,500円。空港ラウンジが無尽蔵に使える「プライオリティパス」に優遇年会費で登録可能。カード審査はセゾンなので初心者向け。
セゾンゴールド・アメックスの詳細・申込

シティの年会費格安ゴールドカード

シティ エリートカード

年会費3,150円の格安ゴールドカード。22歳以上が対象で入会条件が低さも自慢。海外使用を頻繁でなければもゴールドと大きな差はない
シティ・エリートの詳細・申込

三菱とアメックスのコラボが実現

MUFGカードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費2000円。主だった特色はないが、ステータス+年会費の安さを重視する方にはコストパフォーマンスはいい。
MUFGカード・アメックス・ゴールドの詳細・申込

ポイント、ステータス、格安年会費のバランス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,050円。セゾン、アメックスの提携カードのためステータス+ポイント還元を重視する方には非常におすすめ。
セゾンパール・アメックスの詳細・申込