ゴールドカードはここまで安かった
ゴールドカード比較!年会費無料でお得に選ぶ TOP > 注目のTOPICS > ゴールドカードはここまで安かった

ゴールドカードはここまで安かった

クレジットカード業界で話題になったのは最近登場したMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードだ。特徴はなんと言っても2,000円という破格の年会費(初年度無料)である。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 2,000円
ポイント還元率 0.5〜1.0%
国内旅行傷害保険 2,000万円
海外旅行傷害保険 2,000万円

一般的なゴールドカードの年会費が1万円から1万5,000円であることを思えばどれだけ安いか分かるだろう。これまでも年会費無料の流通チェーンのゴールドカードや、3,000円前後で20代限定のヤングゴールドカードや、ゴールドカードに準ずるサービスが付帯されている、カードの色がゴールドで、敷居が低いがステータスカードに分類されるシティーエリートカードなどはあった。

しかしアメックス提携、三菱UFJニコスカードという業界大手から発行され、原則18歳以上なら何歳までも持てる格安カードという点でMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは画期的なカードなのだ。それにしても同じゴールドカードなのに、どうして年会費にこれほど差があるのか?

そもそもゴールドカードには年会費やサービス内容などの明確な基準はない。唯一の条件は発行会社が「ゴールドカード」と定めることだけだ。ゴールドカードを筆頭に、プラチナカードやブラックなど高額な年会費の対価に質の高いサービスを提供するカードは「プレミアムカード」と呼ばれる。そして近年、プレミアムカードの注目度は高まってきている。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのような新しいタイプのゴールドカードの登場は各社がプレミアムカードに力を注ぎ始めたことを象徴している。クレジットカード業界は転換期を迎えていると言ってもいいだろう。

貸金業法の改正を受けて上限金利が引き下げとなり、従来のキャッシングやローンの手数料で稼ぐビジネスモデルが立ち行かなくなりました。そこで各社ともカードの年会費を収益源として頼り始めているのだ。

一見、この流れに逆行しているようだが格安のゴールドカードも顧客の囲い込みとして機能する。エントリーモデルに話題性の高い格安ゴールドカードを用意し、利用金額の高い優良顧客の会員には、さらに上位のカードを案内してグレードアップさせる戦略がそこにはあるのだ。

年会費と並んでプレミアムカードを特徴づけるのはサービス内容だ。会社によっても変わるが空港ラウンジの利用や旅行保険などが付帯している。ただし利用できるラウンジ数や保険料額などには顕著な差がある。日常生活には縁のない内容に思えるが、こういったプレミアムカードならではの特典が消費者の関心を集めているという。

これも日本のクレジットカード市場が成熟してきたことの証明だろうが、ユーザー側からもプレミアムカードを求める声は大きくなってきている。充実したサービスを受けられるのであれば、年会費が多少高くても構わないという人が増えている。長らくクレジットカードは「タダで当然」の時代が続き、ポイント還元率など、とにかくお得なカードばかりが語られてきた。しかし今や、お金を払ってでも持つ価値のあるカードを探す時代がきているのだ。

初年度無料も見つけやすい!ゴールドカード一覧

スピーディーにステータス系カードをGETしたい!

セゾンカードとアメックスの最強コラボ

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード + プライオリティパス

年会費10,500円。空港ラウンジが無尽蔵に使える「プライオリティパス」に優遇年会費で登録可能。カード審査はセゾンなので初心者向け。
セゾンゴールド・アメックスの詳細・申込

シティの年会費格安ゴールドカード

シティ エリートカード

年会費3,150円の格安ゴールドカード。22歳以上が対象で入会条件が低さも自慢。海外使用を頻繁でなければもゴールドと大きな差はない
シティ・エリートの詳細・申込

三菱とアメックスのコラボが実現

MUFGカードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費2000円。主だった特色はないが、ステータス+年会費の安さを重視する方にはコストパフォーマンスはいい。
MUFGカード・アメックス・ゴールドの詳細・申込

ポイント、ステータス、格安年会費のバランス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,050円。セゾン、アメックスの提携カードのためステータス+ポイント還元を重視する方には非常におすすめ。
セゾンパール・アメックスの詳細・申込