ゴールドカード会員専用デスクとは?
ゴールドカード比較!年会費無料でお得に選ぶ TOP > 注目のTOPICS > ゴールドカード会員専用デスクとは?

ゴールドカード専用デスクの上手な使い方

ゴールドカードはデスクが使える」。そんな話を聞いたことはないだろうか。せっかく高い年会費を払っているのだから、使えるものは使っておきたいが、実際どのように利用すればいいのかわからずに、使わずじまいな場合も少なくないだろう。ここでは覚えておきたいデスクの利用方を紹介する。

ゴールドカードのサービス内容を見ると必ずと言っていいほど「ゴールド会員デスク」について触れられている。しかしたいていは「カードやサービスについてのことであれば、何でも相談してください」とのみ紹介されているだけ。実際どのような場合に電話すべきなのだろうか。

某カード会社のゴールドデスクに電話をかけ、「デスクってどういうときに使えばいいですか?」と少し意地悪な質問をしてみたところ、嫌がる素振りを感じさせない丁寧な口調で答えてくれた。

相談内容として多いのは、カードの磁気デープが擦り切れて決済できなくなってしまった場合。その際はすぐに再発行の手続きをとってくれるそうだ。また、長期休暇の時期が近付くと、損害旅行保険についての確認が増えるとのこと。ただし、こうした相談内容であれば、必ずしもゴールドデスクである必要はない。強いてメリットを挙げるとすれば、専用デスクよりも電話がつながりやすかったり、受付時間が長かったり、休日も対応(カード会社によって異なる)しているといったことくらいだろう。

しかしゴールドカードの場合、これ以外にも多様なデスクを用意していることもある。なかでも多くのゴールドカードで利用できるのが旅行デスク。ひとくちに旅行デスクと言ってもいくつか種類があり、大きく分けると、パッケージツアーを割引料金で提供してくれるデスク、ホテルや航空券をはじめとした旅行手配を行ってくれるデスク、海外から日本語での問合せに対応してくれるデスクの3種類がある。

調べるのが面倒だという人や、時間がなくて旅行の手配ができていないという人は是非、活用したい。すべて自分で手配したいという人も、例えば取りたい航空券が既に満席で手に入らないという場合、デスクを通せば入手可能なこともあるため、いざというときの利用法として頭に入れておくといいだろう。

その他にも、カードによっては演劇やコンサート、スポーツイベントなどのチケットを手配してくれるデスクがあったり、ゴルフ予約を代行してくれるデスクがあるなど、うまく使いこなせば時間を短縮できるだけでなく、デスクを通じたことによる特典が得られる場合もある。まずは問い合わせだけでも、カード付帯のデスクを利用してみよう。

初年度無料も見つけやすい!ゴールドカード一覧

スピーディーにステータス系カードをGETしたい!

セゾンカードとアメックスの最強コラボ

セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード + プライオリティパス

年会費10,500円。空港ラウンジが無尽蔵に使える「プライオリティパス」に優遇年会費で登録可能。カード審査はセゾンなので初心者向け。
セゾンゴールド・アメックスの詳細・申込

シティの年会費格安ゴールドカード

シティ エリートカード

年会費3,150円の格安ゴールドカード。22歳以上が対象で入会条件が低さも自慢。海外使用を頻繁でなければもゴールドと大きな差はない
シティ・エリートの詳細・申込

三菱とアメックスのコラボが実現

MUFGカードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費2000円。主だった特色はないが、ステータス+年会費の安さを重視する方にはコストパフォーマンスはいい。
MUFGカード・アメックス・ゴールドの詳細・申込

ポイント、ステータス、格安年会費のバランス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,050円。セゾン、アメックスの提携カードのためステータス+ポイント還元を重視する方には非常におすすめ。
セゾンパール・アメックスの詳細・申込